各種イベントで活躍するモニターレンタル

ようこそ!モニターの世界へ


3D映像対応モニターの選び方


3d映像や、ゲームに対応した高画質なモニターを選ぶ際、いくつかのポイントがありますが、特に「リフレッシュレートの高いものを選ぶ」という点にも注意しましょう。
リフレッシュレートとは、1秒間に画面を書き換える回数の事であり、単位は Hz(ヘルツ)を用いて表され、60Hz であれば1秒間に60回書き換える事ができます。この数値が高ければ高いほど、映像を滑らかに表示できる
というわけです。
液晶モニターの画面では、パラパラ漫画のように静止画が超高速で書き換えられています。この、書き換えられている様子を人間が肉眼で認識することは難しいですが、この数値による画質の差、追随性に関しては十分判別できます。 リフレッシュレート値が高いほど、動きが激しい映像を滑らかに表示できるため、動画コンテンツの視聴やゲームのプレイに使用するなら、リフレッシュレートが高い液晶モニターが有利です。特に3d映像の視聴には、リフレッシュレートが高い液晶モニターが必要不可欠です。
ただし、いくらリフレッシュレートが高い液晶モニターがあっても、パソコン側がリフレッシュレートが高い映像出力に対応していないと、液晶モニターの性能を活かせません。例えば、液晶モニターのリフレッシュレートが120Hzであっても、パソコンが出力する映像のリフレッシュレートが60Hz であれば、液晶モニターの画面ではリフレッシュレート60Hzの映像が表示されてしまいます。双方の性能を確認した上で選ぶようにしましょう。