各種イベントで活躍するモニターレンタル

ようこそ!モニターの世界へ


液晶モニターと液晶テレビについて


液晶テレビはテレビを見ることに特化した機能を持ち、液晶モニターはパソコンから出力される文字や2次元図形データ、映像データその他の画面を見ることに特化した性質を持ちます。
中には液晶テレビにパソコンへつなぐ端子がついていて、画面をパソコン画面に切り替える機能がついたタイプのものもあります。
テレビを視聴するにはTVチューナーが必要で一般には液晶テレビにはこれが組み込まれています。ただTVチューナーの付いた液晶モニターも存在します。
液晶モニターにはパソコンにつなぐための端子が付き、あるいはHDDレコーダーへつなぐ端子がついている場合もあります。
液晶テレビは映像を視聴することが主体となりますので輝度やコントラスト比、応答速度など動きがスムーズに見えるように合わせて作られています。そして正面でなく少し斜めの方向からでもしっかりと見られるように視野角がとられています。
液晶モニターはほぼ個人用で正面から見ることが主体とされますので映像を見ることには余り配慮されない場合が多いものです。しかし最近は映像を見る機会も多くなってきました。
液晶モニターにスピーカーが内蔵されるものは少なく、端子を利用してパソコン用のスピーカーをつないだりヘッドフォンを利用する場合が多いものです。
液晶テレビの場合はスピーカーが内蔵されているのが普通となっています。
2つの機能を兼ねる製品も出ていますが、やはり大画面で鑑賞するには大型テレビが、パソコンの場合はCADやCGなどの制作においては大型のモニターを使ったり、ツインモニターで利用する場合もありますが、一応の使い分けは行われているようです。